IPF Japanとは?

IPF (International Plastics Fair/国際プラスチックフェア) Japanは、3年に1度開催される展示会で、「プラスチック・ゴムに関する原材料、機械、製品、リサイクル機器、受託加工など 」の様々な企業が出展します。

その名の通り国際的な催しで、海外からも多くの来場者が訪れ、活発な交流が行われます。

業界における最新の情報を集めたり、新たに導入する製品やサービスを検討するなど、多様な目的の人々に広く開放されています。

当社の出展について

当社は、2017年10月24日(火)~10月28日(土)に開催されるIPF Japan 2017の「原材料・添加材」部門に出展いたします。(※出展予定ブースは【51117】です。)

今回、我々は直接的な販売促進よりも、むしろ雲母そのものを広く知ってもらうために出展することにいたしました。

雲母は古くから人類に活用されてきた素材でありながら、樹脂向けのフィラーとしての歴史は比較的浅く、十分に認知されていないのが現状です。そのため、まずは雲母という素材そのものについてや、活用できる分野について、一人でも多くの方に知ってもらうことが重要であると考えております。

また、広く知られていないということは、逆に言えば「まだまだ開発され尽くしていない」ということであり、雲母に秘められた可能性は多く残されています。現在でも、雲母を利用した新規製品や用途の開発は幅広く行われております。

当社では、購買を検討しているユーザー様に限らず、雲母に興味をお持ちの全ての方を歓迎いたします。お気軽にご来訪下さい。

事前来場登録について

IPF Japan 2017の公式サイトより「事前来場登録」を行うことで、通常1,000円の入場料が無料となります。

来場を検討されている方は、是非ご利用下さい。

(外部リンク:事前登録ページ)